認定NPO法人 自然環境復元協会 Association for Nature Restoration and Conservation, Japan

Home<自然環境復元協会とは<創立30周年記念 協会の歩み

創立30周年記念 協会の歩み

創立30周年記念のごあいさつ

・理事長 石川晶生

・設立時理事・現顧問 進士五十八(東京農業大学名誉教授・元学長)

 

協会沿革

 

環境再生医 レンジャーズ ふるさと未来

1989(平成元)

 

6月30日、破壊・損失した自然を取り戻すべく、10人の学術者・研究者により「自然環境復元研究会(本協会の前身)」設立宣言。生物多様性や里山・水辺環境などの研究・復元・啓発活動を行う。

1990(平成2)

 

5月11日、自然環境復元研究会設立総会

杉山 惠一 初代理事長就任

1992(平成4)

 

ドイツ、スイスへ自然環境復元海外調査隊を派遣。日本で初めてビオトープの概念を輸入し、普及活動を展開した。以降、法人化までに全国規模のシンポジウムやワークショップを40回以上開催した。

1999(平成11)   自然環境復元研究会10周年シンポジウム「自然環境復元の歴史と21世紀の展望」を開催。

2000(平成12)

 

7月13日、NPO法人自然環境復元協会(内閣府認証)となる。

ニュースレター創刊号発刊。

2001(平成13)

 

これまでの研究会を基盤とし、協会内に自然環境復元学会を設立。

2003(平成15)

 

環境再生に取り組む実践者を育成・認定する民間資格「環境再生医」制度を発足。

2005(平成17)

 

環境再生医初級資格認定を大学などへ委嘱する「認定校」制度を開始。

『環境再生医ー環境の世紀の新しい人材育成を目ざしてー』発刊。

2007(平成19)

 

6月1日、国税庁より認定され「認定NPO法人」となる。

2008(平成20)

 

農水省交付金を活用した「田舎で働き隊!」の実施。

 

『環境再生医』改訂版発刊。

2009(平成21)

 

自然環境復元学会が協会より独立し姉妹組織に。

自然環境復元協会創立20周年記念を開催。

リボンマグネット&リボンステッカーを会員の協力を得て作成、販売開始。

2010(平成22)

 

農山漁村の活性化を目的とした「ふるさと未来創造プロジェクト」立ち上げ。

東京都内の身近な自然を保全する「トーキョー・レンジャーズ」活動を開始。

2011(平成23)

 

活動の広域化のため「レンジャーズプロジェクト」を立ち上げ、東京都と神奈川県内にて活動を展開。

写真で見る自然環境再生』発刊。

東日本大震災の被災者支援活動を行う旧認定NPO法人に対する寄附金の指定を受ける。湘南国際マラソン等からの復興支援活動への寄付金を活用し、自然の復元・再生等を行う。

2012(平成24)

 

惠 小百合 理事長就任

2013(平成25)

 

加藤 正之 理事長就任

2014(平成26)   民間企業からの寄付を活用し「水とホタルプロジェクト」にて全国19のホタル保全団体の活動支援を実施。

2015(平成27)

 

「内なる自然」ミニシンポジウム開催

『環境再生医』第3版発刊。

湘南国際マラソンのチャリティー団体となる。

2016(平成28)

 

石川 晶生 理事長就任

大阪マラソンの寄付先団体として採択を受ける。年次テーマに合わせ、水辺や自然環境を支える活動を展開。

環境再生医事業が環境教育等促進法に基づく「人材認定等事業」に登録

高田馬場から新宿へ事務所移転

2017(平成29)

 

大阪マラソンの参加を皮切りに、おおさかレンジャーズ始動

2020(令和元)

 

レンジャーズプロジェクトの活動が、環境省・文部科学省・農林水産省・経済産業省・国土交通省からなる環境教育等推進会議より、「環境教育体験活動優良事例」に選定。

2021(令和2)

 

環境再生医資格認定講習会を初めてオンラインにて開催する。

 

各事業ごとのより詳しい年表・今後の展開等、以下でご覧ください。

環境再生医 レンジャーズ ふるさと未来

PAGE TOP