認定NPO法人 自然環境復元協会 Association for Nature Restoration and Conservation, Japan

環境再生医とは

●環境再生医とは

環境再生医」とは、認定NPO法人「自然環境復元協会」が制定した資格制度です。
市民活動からICT・環境金融まで、幅広い業種で『SDGsや生物多様性・環境経営』などへ取り組んでいる、実務経験(2年以上)を持つ方が対象となります。
資格認定講習会の受講と、それに合わせて行われる試験に合格することで取得できます。
⇒「資格認定講習会」について

※環境再生医では、自然環境の再生だけでなく、『自然とヒトの関係の再生』に力を入れています。

 

●ネーミングの理由

環境再生医」のネーミングは、地域や分野においての「わが町の環境のお医者さん」の意味から名付けられたものです。

 

●環境再生医の役割

大変残念ながら、地球レベルで深刻化する環境問題は、国や国際機関だけで対処できるレベルを超えてしまいました。そのため、持続可能な社会を構築するためには、市民活動からICT・環境金融まで、幅広い業種や立場で「SDGsや生物多様性・環境経営」などへの取り組むことが急務となっています。各自の専門性を活かし、「産業と社会の環境化(環境負荷の最小化)」を進め、持続可能な社会を創る推進役となること、それが環境再生医に求められる役割です。

 

●こんな方々が環境再生医として活躍しています!

当資格は平成15年に制定され、現在では、全国で約5,000人の方々が環境再生医として、さまざまな分野で活躍しています。

・企業の環境部門、SDGs、ESG担当者。

・環境経営や環境コンサルタント。

・環境NPOや団体の関係者。

・教育機関などでSDGsやESDに携わる方。

・行政や公的機関のSDGs担当者。

・建設業などで環境やグリーンインフラに携わる方。

・金融機関のESG投資担当者。

・SDGsやESD関連施設の関係者。

・環境保全活動を行っている一般市民の方。

・生物多様性に配慮した農林漁業従事者。

・SDGsをテーマとした店舗関係者。

など(一部、取得予定者含む)

 

●環境保全ツール開発型活動

農業 田植え 苗 農機具 自然 風景 晴れ 田んぼ 水田 田舎 稲 米 穀物 四季 季節 手伝い 作業 水 トラックタ- 麦わら帽子 手ぬぐい 長靴 軽トラック 車 田植え機 農具 地下足袋 シ-ズン 忙しい 田植え 農家 日本人 農業 農作業 男 男性 女 女性 田植え機 田植機 機械 手押し 歩行型 歩行型田植機 田舎 いなか 田んぼ たんぼ 田園 田圃 景色 風景 のんびり 自然 稲 苗 働く 作業 仕事 家族 ファミリー 笑う 笑顔 スマイル 全身
現場の情報収集 ツールの開発 ツールの運用と改善 活動の継続

 

●フィールドワーカー型活動

tyosa syoho seko care
専門家との協働 住民との合意形成 計画の実施 活動の継続

 


PAGE TOP

CONTENTS