認定NPO法人 自然環境復元協会 Association for Nature Restoration and Conservation, Japan

Home<ふるさと未来創造プロジェクト事業の概要

ふるさと未来創造プロジェクト事業の概要

 事業趣旨

(ことのはじまり)
 2010年、故杉山惠一初代理事長を始め、土屋俊幸元理事(当時東京農工大学教授)や農山漁村分野で活躍している理事9名で、協会内で独自に活動を展開していた「森林循環再生研究会」「農村・中山間地域再生研究会」「農林水産省・田舎で働き隊!」「静岡支部活動」を統合し、「ふるさと未来創造プロジェクト」とした。

 NARECは1970年代の自然保護運動が原生的自然を手つかずのまま温存するというものであったのに対し、自然科学的な知見のもと、耕地、山林さらには都市環境等人為の加わった環境(二次的自然)の自然性を復活させるという目的で活動を開始した。特に日本の広大な面積を占める中山間地域では、人間がつくった自然環境が生物多様性に貢献していたため、同地域が非常に重要となっている。当初提唱したビオトープが庭園づくりと矮小化されているので、「ふるさと未来創造プロジェクト」では本来の意味でのビオトープである中山間地域の保全を目的とした。

 

 事業概要

都市と農村の交流による地域活性化(農山漁村の活性化)及び環境保全型農林業の支援活動。

 

 事業年表

2008
(平成20)

 

農林水産省「田舎で働き隊!」補助事業を活用し、栃木県那須郡那河川町、山梨県南巨摩郡増穂町、静岡県賀茂郡松崎町石部地区、広島県神石高原町豊松地区(合計4地区)へ研修生(8名/各地域2名計算)を派遣

2009
(平成21)

 

農林水産省「田舎で働き隊!」補助事業を活用し、北海道旭川市神居町、静岡県菊川市上倉沢、静岡県賀茂郡松崎町石部、長野県飯田市川路町、岐阜揖斐川町春日地区(合計5地区)へ研修生(8名)を派遣

2010
(平成22)

 

農林水産省「田舎で働き隊!」補助事業を活用し、北海道旭川市神居町、新潟県佐渡市入川、栃木県那須君那河川町、千葉県千葉市花見川区、静岡県静岡市油山、静岡県藤枝市葉梨、山梨県南巨摩郡富士川町、岐阜県郡上八幡、広島県神石郡神石高原町、沖縄県石垣市新川(合計10地区)へ研修生(35名/パンフレット記載)を派遣

2011
(平成23)

 

農林水産省「田舎で働き隊!」補助事業を活用し、北海道旭川市神居町、福島県郡山市逢瀬町、新潟県佐渡市入川、新潟県新潟市、茨城県那河郡東海村、茨城県東茨城郡大洗町、千葉県千葉市花見川区、山梨県南巨摩郡富士川町、静岡県賀茂郡松崎町石部、岐阜県郡上八幡、熊本県阿蘇市(合計11地区)へ研修生(24名)を派遣

2012
(平成24)

 

NAREC茨城支部を中心に、農林水産省「食と地域の絆づくり被災地緊急支援事業」補助事業を活用し、茨城県東那珂郡東海村にて地産地消モデルの構築と、食の安全・高度化農産品・加工品情報発信の支援を行った。

2013
(平成25)

 

農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」補助事業を活用し、宮城県気仙沼市本吉町、福島県郡山市逢瀬町、千葉県鴨川市(合計3箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金」補助事業を活用し、熊本県阿蘇市でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

NAREC静岡支部を中心に、静岡県地域住民活動支援業務委託を活用し、「水土里ウォーキング」を開催。

2014
(平成26)

 

農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」補助事業を活用し、宮城県気仙沼市本吉町、福島県郡山市逢瀬町、千葉県鴨川市(合計3箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

いろはす「“地元の水”応援プロジェクト2014」にて、全国19団体の“ホタルが棲む水辺を守る活動”を行っている団体と協働して地域の実態に合わせた水辺の環境整備活動を実施した。

(ふるさと美幌の自然と語る会&美幌博物館 /栗山町ハサンベツ里山計画実行委員会 /ビオトープ・イタンキin室蘭 / 江別ホタルの会 /細越ホタルの里の会 /米沢ホタル愛護会 /深大寺 / 名草源氏ホタル保存会 / 一宮平成ホタルの会 /潟上 水辺の会 /ウェットランド中池見 / 茅野市にホタルを育てる会 / 中田地区記念物保存会 / 金沢ホタルの会 / 美郷宝さがし探検隊&吉野川市美郷ほたる館 / 奥須磨公園にトンボを育てる会 / 金ボタルを守る会 / 北川やっちみろ会 / 沖縄自然環境ファンクラブ)

福島県飯舘村より、平成26年度ため池等汚染拡散防止対策実証事業を受託し、ため池からの汚染拡散防止対策に有効な計画等を飯舘村が策定するにあたって必要な調査を行った。

福島県浪江町より水路除染実証実験業務を受託した。河川や農業用水路における放射性物質の移動についての実態調査、河川の生態系への影響についても調査、河川への放射性物質流入抑制対策立案の基礎資料とすることを目的に実証実験を行った。

福島県葛尾村よりため池等汚染拡散防止対策業務(籾殻流入対策)を受託した。実証調査の計画策定と汚染拡散防止対策工、実証モニタリングを行い、水田への放射性物質の流入状況の把握と、国で設ける委員会等への資料作成等を行った。

2015
(平成27)

 

農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」補助事業を活用し、宮城県気仙沼市本吉町、福島県郡山市逢瀬町、千葉県鴨川市(合計3箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

第10回湘南国際マラソンのチャリティー団体として東日本大震災被災地である福島県における大学生向けの体験型ワークショップの開発と開催を行った。

拓殖大学にて中国福建省園林緑化研修団研修会の開催

福島県葛尾村より、農山村地域復興基盤総合整備事業を受託して、農業を取り巻く土壌・用水などについての環境をため池等の実験装置を用いながら調査と実験を行うとともに、関連する学術論文等からの情報の整理を行い、農業用水の安全性について検討・計画すると同時に、コミュニケーションを通して不安を解消し営農再開の促進を図る活動を行った。

2016
(平成28)

 

農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」補助事業を活用し、宮城県気仙沼市、栃木県さくら市、栃木県宇都宮市、埼玉県鶴ヶ島市、石川県金沢市、熊本県阿蘇市(合計6箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

第6回大阪マラソンのチャリティー団体として宮城県気仙沼・福島県・静岡県松崎町・熊本県阿蘇市の環境保全活動や琵琶湖の環境保全に関する展示支援を行った。

第11回湘南国際マラソンのにてチャリティー団体として東日本大震災被災地における環境整備活動報告 支援 をおこなった。である宮城県気仙沼市で海を楽しみ・知るイベント開催や福島県における農地再生活動を行った。

福島県葛尾村より「水田における放射性物質流入抑制対策事業」と「農山村地域復興基盤総合整備事業」を受託し事業を実施した。「水田における放射性物質流入抑制対策事業」では実践的ため池の強化対策として溶存態セシウムの軽減策として圃場への流入を防止する遮断機の設置を実施した。「農山村地域復興基盤総合整備事業」では冬期における村内10か所地点における農業用水の放射性物質濃度の調査を行い農業者の不安を払しょくすることを目的に、実践的ため池ならびに濁水流入防止装置、リアルタイム監視システムの設置を行い、実証実験を行った。

福島県飯舘村より「濁水流入防止対策(臼石、須萱地区)」を受託し事業を実施した。実践的ため池の強化対策として溶存態セシウムの軽減策として圃場への流入を防止する遮断機の設置を実施した。

2017
(平成29)

 

農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」補助事業を活用し、宮城県気仙沼市、栃木県さくら市、栃木県宇都宮市、埼玉県鶴ヶ島市、石川県金沢市、熊本県阿蘇市(合計6箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

農林水産省「農山漁村振興交付金(農泊推進対策)」補助事業を活用し、静岡県賀茂郡松崎町、山梨県道志村(合計2箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

第7回大阪マラソンのチャリティー団体として静岡県松崎町石部地区の棚田におけるホタルの里再生活動を行った。

第12回湘南国際マラソンのチャリティー団体として東日本大震災被災地である宮城県気仙沼市で海を楽しみ・知るイベントの開催、環境再生スタディーキャンプ「里海再生」の開催を行った。

2018
(平成30)

 

農林水産省「農山漁村振興交付金(農泊推進対策)」補助事業を活用し、静岡県賀茂郡松崎町、山梨県道志村(合計2箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

第13回湘南国際マラソンのチャリティー団体として東日本大震災被災地のグリーンツーリズムの活動紹介や、宮城県気仙沼市で海を楽しみ・知るイベントの開催、被災地の現状を知り、課題に気づくきっかけを提供する「里海再生」スタディーキャンプを開催した。

2019
(令和元)

 

農林水産省「農山漁村振興交付金(農泊推進対策)」補助事業を活用し、宮城県石巻市、福島県石川町、千葉県山武市、千葉県長柄町、岐阜県郡上市、鹿児島県西之表市(種子島)(合計6箇所)でのグリーンツーリズム事業化におけるノウハウの提供を行った。

静岡県松崎町石部地区の棚田にて、環境再生医をはじめとした都市住民を巻き込み田植えとホタルビオトープの保全活動を実施した。

第14回湘南国際マラソンのチャリティー団体として東日本大震災被災地沿岸部のグリーンツーリズムの活動紹介を行う特設サイトを設置、復興人材の育成を目的に「里海再生」スタディーキャンプを開催、気仙沼の子どもたちの自然体験支援を行った。

 

 30周年の考察

(これまで)
 ふるさと未来創造プロジェクトは、NAREC内の森林資源を活かした循環型社会を形成するチームと、中山間地域における新たなる公共を模索するチーム、事務局を中心に移住定住支援を行う活動、そして静岡支部が集まり、里地里山自体がビオトープであることから、この保全を目指すことを目的に統合されたプロジェクトです。
 全国規模の環境専門の中間支援組織として、都市と農村の交流や環境保全型農林漁業者の支援を活動の柱に据え、移住定住活動やグリーンツーリズムやエコツーリズムの事業化支援、ホタルの再生活動、東日本大震災被災地支援等、多様な活動を展開してきました。

(これから)
これまではプロジェクトメンバー各々の熱意に応じて、農山漁村における多様な活動を展開してきましたが、それぞれの活動に組織内の資源を効率よく配分・投下できず、社会へのインパクトも分散していました。
 そこで、現在ふるさと未来創造プロジェクトのビジョン、活動戦略を策定し、社会的インパクトを増大させようとしています。活動は大きく2つとなる予定です。
 ①持続的な環境保全型農林漁業を構築するための、グリーンツーリズム・エコツーリズム等の事業化支援
 ②自然体験・原体験の機会を創出する環境人材育成合宿の開催
 これらの取り組みを通じて、地方の豊かな自然環境を守る新しい地域運営の仕組みをつくっていきます。

 


PAGE TOP